2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 秋田東警察署から電話で | トップページ | ガウラの品種って色々なのねぇ »

ラベンダーの取り木について ネットで検索した結果

 親株から切り離して殖やす取り木という方法
 ミント、セージ、月桂樹、ローズマリー、ラベンダーなどに適する。
 挿し木と同じく、真夏を避けた気温16度から20度程度の時期に行う。 ハーブの殖やし方 参照


  1.地面に枝を固定
 しなやかで勢いのある枝を選び地面に接触させる。U字形の針金で一部分を地面に固定し、
 土をかぶせる。

   2.発根したら切り離す
土に接触させたところから発根して芽が出る。親株から枝を切り離す



 用意するものは固定させる針金。ペンチで切ってUの字に曲げておきます。 発根するのは節の部分なので、節から出た枝葉の部分を残して、節の部分を土におき、上から針金をUの逆向きにして土にさしこみます。枝がやわらかいものであればヘアピンのUピンで代用できます。 固定できればいいので、石などでも代用できます。その部分に土を上から3cmほどかけておきます。 育てているハーブ同様、適度に水やりをしたりして管理します。固定した枝から新芽がでてきたらほぼ発根したという合図。やさしく触ってみて根がでていれば、枝と枝を切り離します。


 うんうん  このほうほうでまちがってないんだけど 

 花が咲いてるのに 最近 気温も高いのに 濃紫早咲 の取り木を行ってしまったノダ  

 時期を間違ってしまったけど 上手くいくのだろうか  (;-_-)=3

« 秋田東警察署から電話で | トップページ | ガウラの品種って色々なのねぇ »

herb」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋田東警察署から電話で | トップページ | ガウラの品種って色々なのねぇ »